猫用キウォフはどんな薬か | 虫下しが必要になったときは通販で猫用のキウォフを購入しよう

虫下しが必要になったときは通販で猫用のキウォフを購入しよう

猫用キウォフはどんな薬か

「猫用キウォフはどんな薬か」のフォト画像です。

猫の身体の中に入り込んで悪さをする体内寄生虫。
それらを駆除するために作られたのが猫用のキウォフですが、キウォフってあんまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。
もしものときのために備えておきたいけど、どんな薬かわからないから使うのは不安……という人のために、キウォフはどのような寄生虫駆除薬なのかご紹介します。

猫用のキウォフは日本でも寄生虫駆除薬として有名なドロンタールと同じ成分で作られたペットジェネリックです。
生後4週齢以上および体重500g以上の猫へ使用することができ、1ヶ月から3ヶ月ごとに一回投与することで体内に寄生している線虫類および条虫類を駆除できます。
産卵前の未熟な寄生虫に対しても効果を発揮してくれるので、確実に寄生虫を駆除できるという大きなメリットがあります。
有効成分にはプラジクアンテルとパモ酸ピランテルを含んでおり、これらの成分の働きによって体内寄生虫を駆除することができます。

猫に寄生した体内寄生虫は便から発見されることがほとんどで、症状も出にくいという厄介な特徴があります。
そのため、見過ごしてしまうと重篤な症状に繋がってしまうことも多いので、見過ごさないように日頃から猫をしっかりと観察しましょう。
寄生虫の対処を適切に行うには早めの駆除と定期的な予防が必要ですので、もしものときに備えてキウォフを購入しておくことをオススメします。
また、キウォフには猫用のもの以外に犬用のものもあるので、間違えないように注意しましょう。