使い方と注意事項は? | 虫下しが必要になったときは通販で猫用のキウォフを購入しよう

虫下しが必要になったときは通販で猫用のキウォフを購入しよう

使い方と注意事項は?

「使い方と注意事項は?」のフォト画像です。

猫用のキウォフはしっかりとした働きをしてくれる成分を配合してあるので、きちんとした駆虫効果を期待することができます。
確実に体内寄生虫を駆除できるので手元に置いておくと非常に安心できるキウォフですが、正しい使い方をしないときちんとした効果を得ることはできません。
飼っている猫にキウォフを与えるときはキウォフという薬について詳しく調べ、正しい使い方などの知識を得てから使うようにしましょう。

猫用のキウォフは体重にあった量を1回、経口投与して使います。
ノミの駆除と同時に1ヶ月から3ヶ月ごとに使用しますが、病気や怪我をしている猫、持病がある猫、妊娠の可能性がある猫、老齢の猫など、体力に不安がある場合は投与前にかかりつけの獣医師へ相談しましょう。
また、正しい用法用量を守らないと正しい効果を得ることができないので、投与するときは体重をしっかりと測って適切な量を与えるように注意しましょう。
妊娠の可能性がある猫で、確実に妊娠していることが発覚した場合は、キウォフを与えるのは控えましょう。

キウォフは寄生虫を駆除してくれますが、寄生虫の種類によってはバラバラに分解されて排出される場合があります。
そのため、便に寄生虫らしきものが見つからなくても、安易に連続投与はしないでください。
キウォフに含まれているパモ酸ピランテルはピペラジンという成分と互いに拮抗する可能性があるので、ピペラジンが含まれた薬との併用もしないようにしましょう。

正しい使い方と知識をつけて、愛する猫を寄生虫から守りましょう!